自然に還る、よみがえる、自分を変える、未来を変える・・・
パルシステム静岡 機関紙
<No.4 2009年冬号>

森づくり、うつわづくり、人づくり、そして、地域づくり。
NPO法人 伊豆森林夢巧房研究所(伊豆市)

■日本の森林は、今・・・
ドライブなどで山の中を何気なく走ると、周りの緑の美しさに胸いっぱい深呼吸したくなることはよくありますが、見た目とは裏腹に、実は今、日本の森林は泣いています。「お願いだから、手入れをしてください」と。
戦後間もなく、木材の需要増大を見込み、日本中の山で、従来からあった広葉樹などを伐り、木材として価値の高いスギやヒノキが植えられました。しかし、その後、外国の安い木材が使われるようになり、採算の合わない日本の山林にはお金が落ちなくなりました。成長とともに間引かれる(間伐される)はずだったスギやヒノキが、ひしめき合ったまま成長したため、よく見ると、モヤシのように細い木ばかりです。お日様の光が届かず下草が生えないので、地面はやせていく一方。生き物も少なく、ひっそりしています。急な斜面に雨が降れば土が流され、土砂崩れの危険性が高まります。
豊かな水を蓄えるためにも、豊かな命をはぐくむためにも、今、山林の手入れが必要なのです。


■山が綺麗になれば、川が綺麗になり、町も綺麗になる。そして人も綺麗になる。
夢巧房の代表、山田正興さんは、東京でのサラリーマン生活を終え、田舎暮らしにあこがれ中伊豆に移住。以来、この地で森林再生のための森林ボランティア活動を展開してきました。しかし、間伐したスギ、ヒノキが無残な状態で捨てられていることに心を痛め、間伐材をはじめとする天城のあらゆる樹木を有効活用するため「木のうつわ」作りに着手、伊豆の特産品として生産と販売を開始しました。湯布院はじめ、各地で木のうつわで地域活性化に貢献している時松辰夫氏に師事を仰ぎ、若い職人さんたちが、この巧房で日々、腕と人間を磨いています。また修善寺に、木のうつわを展示販売する素敵なカフェ&ギャラリー「独鈷茶屋」も開きました。
山田さんは言います。夢巧房は、「職人を育てる場」だと。夢巧房で心と腕を磨いた職人さんたちが、間伐材に命を吹き込み、「木のうつわ」という「財」にする。その「木のうつわ」は、店先や独鈷茶屋で情報を発信し、訪れる人々の心を動かす。感化された人々が森に足を運び、共に森の手入れをすることで、森林は気づきの場、協働の場となる。そして、その時出来た間伐材が、また夢巧房で新たな命をあたえられ、「木のうつわ」となる・・・。この循環が、中伊豆の森林を元気にし、地域を元気にすると。


■参加の仕方、いろいろ。
山田さんのように、退職後、活動を本格的に始める方もいらっしゃいます。また、食の安心・安全に関心が高まる中、若い世代の夫婦層を中心に、木のうつわに対する要望は日増しに高まっています。
森に思いをはせる、木のうつわを買う、森林ボランティア活動に参加する、うつわづくりをする人を目指す・・・。森のため、地域のために、できる事はいろいろあります。まず、「自分に出来ること」から、始めてみませんか?

  ◆森林ボランティア活動◆
  毎月第3日曜日8:30〜 萬城の滝、その他フィールド
  ◆カフェ&ギャラリー独鈷茶屋◆
  伊豆市修善寺970独鈷の湯前 0558-72-6112 木曜休
  ◆夢巧房職人募集◆
  木のうつわづくりに真剣に取り組める方で森林に関心があり、
  うつわづくりを通して地域づくりに参加できる人。

お問い合わせは、下記までお願いいたします。



<お問い合わせ先>

NPO法人伊豆森林夢巧房研究所  代表 山田 正興(やまだ まさおき)
〒410-2503 静岡県伊豆市城22番地  TEL 0558-83-5501

間伐材など天城の樹木を利用した木のうつわ達

森林ボランティア活動

巧房の様子

遊歩道整備作業途中の眺め


△ページTOPへ



パルシステムのツボ!!

パルシステムの産地紹介 静岡編(1)
♪ さんさん産直〜 パルシステム ♪
パルシステムの産直を支える産地は静岡にもあります!
そのうちの2箇所、久望農園さんと神沢川酒造場さんで、見学会を行いました!!

▽久望農園(庵原郡蒲原町)

パルシステムに、みかんやキウィを出荷して下さっている清水区蒲原の久望農園さん。パルシステムとのお付き合いは長く、30年近くになるそうです。みかん畑は、駿河湾に面した山の斜面にあります。普通のみかん栽培では農薬を17回ほども散布するそうですが、久望農園さんでは3回しか使っていないそうです。
お訪ねした12月10日は、ちょうど収穫の最盛期でもあり、久保田さんに畑を案内していただきながら、みかんを試食させていただきました。採れたてのみかんはみずみずしく、とても美味しかったです。
久望農園さんは研究熱心な方で、畑にはみかんの他に、ポンカン、グレープフルーツ、ゴールデンオレンジ、はるみ、はるか、など様々な種類の木が植えられていました。これからは、注文用紙にポンカンが登場してきます。パルシステム静岡の地元産地である「久望農園」さんのポンカン、ぜひお勧めします。


▽神沢川酒造場(清水区由比)

「正雪」の蔵元である神沢川酒造場さん。二十数年前まで、日本酒に規制があって、等級制度で売られていたとき、各地の蔵元は、独自のお酒造りをあきらめ、大手に樽売りすることで生き延びてきましたが、静岡には大手メーカーがなかったこともあり、中小の蔵元は、その持ち味をそのまま残してこだわりの製法でお酒造りを続けました。神沢川酒造場も、昔からの匠の技を蔵人さん達が守りつづけ、素晴らしいお酒造りをしています。「正雪」は、全国のお酒通に知られるお酒です。
望月さんに、お話を伺いながら、案内していただきました。蔵の中には、使い込まれたレトロな樽や道具の数々の中、デジタル機器も多数。伝統を守りつつ、より緻密なお酒造りを目指す、心地よいバランスを感じました。ふつふつと泡立つ熟成中の樽からは、とってもフルーティな香りが漂っていました。
お米、麹、酵母、そして水。全てにこだわり、妥協しない。蔵の凛とした空気に、ものづくりにかける意気込みを感じました。



△ページTOPへ




【おすすめレシピ】じゃがピザ
<材料>(直径20センチ 2枚分)
じゃがいも4個、ベーコン4枚、たまねぎ1/2個、ピーマン2個
ピザソース大さじ4(イタリアンベース+ケチャップでも良い)、小麦粉1カップ、牛乳1/2カップ(じゃがいもの水分によって加減する)塩、こしょう適宜、サラダ油大さじ3、ピザ用チーズ60グラム

<作り方>
  1. (1)じゃがいもは皮をむき、まるごと少し水にさらす。
  2. (2)ベーコンは幅1cm、たまねぎは薄切り、ピーマンは薄い輪切りにする。
  3. (3)じゃがいもの水気をふいてボールにすりおろし、小麦粉、牛乳、塩小さじ1/2、こしょう少々を加え、手早く混ぜる。
  4. (4)直径約20センチのフライパンにサラダ油大さじ1と1/2を入れ、(3)の半量を流し入れて弱火で両面を色よく焼く。これを2枚つくる。
  5. (5)(4)の片面にピザソースを塗り、ベーコン、たまねぎ、ピーマンを散らして塩こしょう各少々、チーズをのせる。200℃のオーブンに入れ、チーズが溶けて焦げ目がつくまで焼く。


△ページTOPへ




【お休み前のストレッチ】
寒い季節がやってきました。身体も縮こまりがちです。
そこで、寝る前にお布団の中でも出来る簡単ストレッチをご紹介します。
優しく伸ばしてリラックス!(ご指導 エアロビクスインストラクター勝間田敦子先生)

(1)腕のストレッチ
うつぶせに寝て、左手を身体の下にいれます。
顔は手の方向へ、右手は身体にそわせます。(a)
(腕を入れすぎても引きすぎてもうまくいかないので、ちょうど良いポジションを探してください。)


(2)股関節のストレッチ
両足をそろえて仰向けに寝たら、左ひざを立て、左へ倒す。腕と顔は右へ向ける。(b)
曲げた左足の裏が右足からはなれないように。
右手を肩の横に左手を頭の後ろに組む。


(3)太ももからお腹の脇までストレッチ
膝をたてたまま、できるだけ足を開きます。両手は肩の横。
そのまま両足を左へ顔は反対側をむきます。(c)
右ひざと右腰を床に引っ張り合うようにすると、右半身がよ〜く伸びます。




△ページTOPへ




アンチエイジング(4)
40代女性に増える貧血を予防するアイテム
<鉄>
鉄欠乏性貧血による、めまいやだるさを改善
酸素の運搬にかかわり、脳や体の機能を高める
血行を良くして、肌の血色を良くする
酸素の成分となり、エネルギーの生産を助ける

鉄が多く含まれている食品は
かつおなまり がんもどき スモークレバー あさり レーズン等です。

△ページTOPへ




2009年度 総代会へ参加のお願い
詳細は下記よりご覧ください。
2009年度 総代会へ参加のお願い(PDF 141KB)

△ページTOPへ



◆◇◆編集後記◆◇◆

表紙の伊豆森林夢巧房さん、2ページの久望農園さん、神沢川酒造場さん、そして昨年10月からはじまったホールアース自然学校とパルシステム静岡との共同企画「美しい里山シリーズ」。 「地域」「根ざす」「kaeru」を強く意識することの多い3ヶ月でした。2009年も、私達パルシステム静岡は、静岡の地にしっかりと根ざした価値ある生協を目指し、役職員一丸となり精一杯の努力をして参ります。組合員の皆様、本年もどうぞ宜しくお願いいたします。


*ご意見ご感想は、お手紙やメッセージを配送スタッフにお預けいただくか、こちらまでお願いします。
パルシステム静岡  富士センター
TEL : 0120-581-227/メールアドレス : pal-shizuoka@pal.or.jp